ラフティングの楽しみ方のコツ

ラフティングの楽しみ方

最近人気が高まってきているラフティングですので、何となく楽しいのではないかとイメージされる方は
多いのではないかと思います。
しかし、具体的にどう楽しいのかと聞かれてこたえられる方は、
実際にラフティングの経験がある方だけでしょう。
いざラフティングをするとなったら、いったいどのように楽しめばよいのでしょうか?
 
1位 パノラマアドベンチャーズ
ラフティング

みなかみ(水上)ラフティングについておすすめのサービスはこちらです。
まず初めての方はサイト内に様々な情報がありますのでチェックしてみましょうね。
ラフティングのほか、キャニオニングのサービスもあります。
はじめてのキャニオニングにおすすめのパノラマアドベンチャーズ。

 

パノラマアドベンチャーズ http://panorama-rafting.com/
   
ラフティングは、大自然の中で思いっきり体を動かすことのできるアクティビティーになります。
ウォータースポーツの1つですので運動不足の解消にもなりますし、
自然のマイナスイオンが日常生活を忘れさせてくれます。
また、同乗しているボートのクルーと力を合わせることで、新しい絆を築いていくことができます。
 

特に日常的に座って仕事をする機会が多いという方は、
なかなか体を動かすことができていないのではないでしょうか?
ラフティングは、ただボートに乗って川下りをするといったものではありません。
腕をはじめとする全身を使ってボートを漕ぎますので、
日ごろ
の運動不足やストレス解消にもってこいのアクティビティーです。
 

また、自然の中で行われるウォータースポーツですので、特にアウトドアが好きだという方にはたまりません。
緑の木々や真っ青な空、きれいな水を見ながらツアーが進んでいきますので、
大自然の真ん中に自分がいるということが実感できると思います。
自然と触れあいたいという方は、一度ラフティングをしてみるべきでしょう。
 

それから、ラフティングは一人で行うものではありません。
同じゴムボートには友人やご家族、それから全く知らない人が乗ることもあります。
インストラクターの指示に従ってみんなでボートを漕いで川を進んでいくため、自然と仲間意識が芽生えます。
知らない人ともすぐに仲良くなれるのは、ラフティングの大きな魅力の1つといえるでしょう。
 

このように、ラフティングには様々な楽しみ方が存在します。
もちろん人によって楽しみ方は異なりますし、
自分なりの楽しみ方を持っているという方もいらっしゃるでしょう。
まずはラフティングツアーに参加して、楽しみ方を探していきましょう。
 


全国のラフティング経験者の話を紹介します

迫力満点!ラフティング!
私が、ラフティングを経験したのは、10月後半ぐらいの季節でした!とにかく寒いことが、気になっていましたが、いざラフティングをしてみるとそんなことありませんでした!
私が経験したことでラフティングの魅力を感じたのが以下の点です!
・とにかく迫力があり爽快感!
とにかく、川の濁流を下るのでとにかく迫力があり、とても気持ちいい快感が得られます!私がいたところは徳島のラフティングが有名なところで濁流が多かったです!
・非日常的経験! 
川を下るだけではなく、崖から飛び降りる経験もできます!とても日常では味わえない経験です!
・団体で行けばいくほど楽しい!
ラフティングが、ボートに数人乗り3台ぐらいのグループで下るので、団体で行けばいくほどいろんなことができ楽しいです!私のときは、前のボートが転倒し救出活動的なこともしました!

とにかく、自然でしか味わえないことが最大の魅力です!


利根川でのラフティング
友人と旅行に行った際に利根川のラフティング体験をやりました。私自身はラフティングをやったことはなくそこまで興味があったわけでもないのですが、友人が何度かやったことがありすごくお勧めだというので体験してみることにしました。インストラクターのかたもいて最初にやり方や安全面の説明などをしっかりしてくれるため始めてやる方にも安心で恐怖感などなく楽しめました。少し流れの急なところは勢いもつくのでジェットコースターなど苦手な方はもしかしたら怖いかもしれませんが、私は絶叫系なども好きなのでかなり楽しめました。体験したのは初級コースでしたが、中級、上級となるにつれてコースもだんだん激しくなっていくみたいなので次は中級コースなどでスリル感を楽しみながらラフティング体験をしたいです。


スリル満点ラフティング

私は旅先で初めてラフティングをしてから、すっかりラフティングが好きになりました。
なんと言ってもスリルが満点で刺激的なことが魅力です。元々ジェットコースターなどのアトラクションは好きでしたが、ラフティングは自然によって生み出されたジェットコースターのような感覚で、その日その時によって全く違ったスリルを味わうことができます。
またラフティングはチームワークが大事。ボートに乗っているみんなで声を掛け合ったり、力を合わせてする遊びなので、少人数で参加しても、グループの知らない人とも仲良くなることができ、みんなで達成感を味わうことができます。とくに私は、激流ポイントをクリアしたときに、みんなで喜びを分かち合う瞬間が大好きです。
さらに大自然に囲まれた川でやるので、空気も澄んでおりマイナスイオンたっぷりで気持ちがいいので、スリルも味わいつつ癒しも得ることができます。



初ラフティング!
そもそもアウトドアにさほど興味もなく、友人に誘われるまま北海道ではラフティングでわりと有名な尻別川で初体験を遂げました。

夏の終わりごろ、快晴で最高の気候でした。ガイドの方と、新婚旅行できていたカップル、そして私たち3人で乗り込み、穏やかな川を下っていきます。
本当に穏やかでしたが、このまま終わるはずもなく、激流スポットではこれぞラフティング!!というようなスリルも味わえました。水しぶきでべちゃべちゃです笑
自分たちでも川の流れに逆らうようにオールで漕がなければ進まないので、みんな一丸となって必死に漕ぎました。初対面の人々とちょっと仲良くなれるのも良い点の1つかと思います。

私が本当に感動したのは、川の両サイドの流れる景色です。緑の木々から少し紅葉しかけている時期だったので、キャーキャー言いながらも周りの景色に癒され、the北海道を満喫という感じです。
家族連れやカップルはもちろんのこと、男性ばかりのグループもいて、ものすごい水しぶきをあげながら通り過ぎて行ったのが印象的でした。
今回私はは友人と行きましたが、子供たちが小学生になったらぜひ家族でやってみたいと思っています。

徳島県でラフティング体験

徳島県でラフティングを楽しみました。ラフティングの知識もあまりないまま、友達に誘われ参加をしました。ヘルメットにベスト、ドキドキわくわくする気持ちと共にゴムボートに乗り込み出発!初めてのことで戸惑いもあり楽しめるのかどうか不安もありましたが、運動神経のあまりよくない私でも徐々に慣れ楽しめました。かかる水しぶき、思った以上に激しく揺れたり、うまく漕げなかったり友達とワイワイしながらのラフティングは一種の冒険のようでした。川を下りている間はあまり景色を楽しむ余裕もありませんでしたが、緩やかな川の流れの時には自然を満喫できましたし、終わった後の爽快感は体験した人にしか感じられない達成感もあり、またやりたくなるおすすめの体験です。



くるくるまわる楽しさ

ラフティングをやり始めた時、もっと簡単にゴムボートをコントロールできると思ったのに、なかなかできずにあらぬ方向にくるくる回りました。すなわち、ゴムボードに乗り合わせる8人の呼吸が合う必要があります。その呼吸がなかなか合わずにくるくる回ったときは乗り込んでいる皆が爆笑して、本当に楽しかったです。私と友人を抜かして6人の参加者とは初めて出会いましたが、その出来事を機に一気に仲良くなりました。そして、目の前に急流があって差し掛かる前に皆でテンションが上がって「ワオー」や「ウヒャー」と雄叫びに近い叫び声を連呼しまくったのも最高に楽しかったです。そして、激流の中で顔が水浸しになる度に奇声をあげたのも超楽しかったですね。



思ったよりもスリルがあってドキドキします
ラフティングで楽しかったことと言えば、皆で力を合わせて呼吸をピッタリにして激流を下ることが楽しかったです。見ず知らずの人と一緒に力を合わせるということが何よりも新鮮でした。そして、水しぶきが顔や体に降りかかります。降りかかる度に「うわー」や「きゃー」という絶叫が響き渡り、その度に大笑いしました。スリルがあるのに笑いがおきるというのも楽しかったです。最初は危険かなと思ったのですが、思ったほど危険ではなくて安心しました。そして、急流を下る前はジェットコースターのようなドキドキ感があってそのマックスの興奮が味わえるのもまた新鮮で良かったです。何よりも自然の中で最高の冒険をしている感じがしてそれもまた楽しかったですね。


友だちと楽しくラフティング
友人6名と群馬で夏にラフティングをしました。
初めてのラフティングだし、泳ぎもそこまで得意ではないのでちゃんとできるか心配だったんですが楽しくできました。
インストラクターのお兄さんがイケメンだらけだったので、そこも余計に楽しめたポイントです(笑)
みんなで同じボートに乗って上流から下っていきました。
最初に簡単な説明を聞きました。
先頭にインストラクターさんがいて、どう操作したらいいかを指示してくれたので困りませんでした。
流れが急なところでは右に左に流れに身を任せることしかできなかったんですが、横転しないように頑張りました。
流れがゆるくなったところでは、わざと川に入って船への乗り込み方を教えてくれました。
ライフジャケットをつけていたので溺れる心配はないし、こんな機会なかったのでチャレンジしました。
夏の暑い日に川の冷たい水が気持ちよかったです。